身の毛もよだつ切手の値段の裏側

梅雨時は特に心配なのはカビです。


今年はラッキーなことに目立った被害もなく掃除が終われそうだと思ったら、父が生きていたころにまめに整理をしていたバラの切手やシート、記念切手等、数冊のいろいろな種類の珍しい切手アルバムが出てきたんです。


見た目は特に傷みは感じませんが、このままうちで保管をつづけたとしても質が落ちてしまいそうな気がします。

やがて近いうちに買取鑑定士に持って行ってもいい時期でしょうかね。


郵便局で、書き損じた葉書を交換してくれます。


その際、葉書でなく切手に交換するのがミソです。


金券ショップよりも、専門業者で売れるようにするため1シートの枚数を考え、シートになるようにして交換しましょう。

同じ切手の査定でも、買い取り店によっては買取価格が異なることを頭に置いて、面倒でも、何軒かに持ち込んで一番高い買い取り価格を提示したお店で売却すると良いでしょう。


大体のケースでは切手がどのようなコンディションかによって本来の切手の額面からいくらか引かれた金額が切手を買取して貰う時の値段です。


けれども、珍しい切手の中には希少なものもあり、そういう場合はコレクターの中で高く評価されていてそれ以上の値段が付くことも多いです。

切手を売るつもりだが価値が判断できないという時にはネットでリサーチするか、直接買取業者に査定を頼んでみましょう。

切手を売りたいのであれば、別段、記念切手や外国切手のようなレアなものである必要はありません。


通常の郵便物に使われる切手も買い取りが受け付けられており、それどころか、他の種類の切手と比べて、レートが高いぐらいです。


そのなかでも、元々の切手料金が1000円だったり、もしくは、82円の日常的によく使われる珍しい切手シートは、仕事の場面で活躍します。

消費税増税により、必要となる切手料金も上がるので、より新しい方が、普通の切手は高値で売れます。


決して実用的とは言えない外国切手であっても、デザインが海外ならではの物であったりすることが多く一部では人気があったりすることも多く、実は集めている人が多い切手だと言えます。


それゆえ、数ある業者のうち買取を実施しているところもかなりありますが、希少価値が高くないものだったり、コレクションしていてもバラバラだった場合などでは取り扱ってくれないことも多いです。


通常だと切手を買い取ってもらう場合は、主な方法は、売りたいと思っている切手を直にお店へ持ち込む、店頭での買い取りが殆どでしたが、昨今は、増えつつあるのが、出張や宅配を通して買取を行うお店です。


もしも売ろうと思っている切手の量が多い場合、わざわざ店頭に持っていくのは大変です。

それだけでなく、ご自宅と店が離れているという方のケースも、時間と交通費を抑える意味でも買取の際の出張や、宅配も行う業者に依頼すべきでしょう。


郵便物が届いたらよく見てみましょう。

偶然、値打ちがある切手が貼ってあることもあります。


もしそういう切手であれば、買い取ってもらいましょう。


もし消印が押されていても心配はありませんが全く使っていない珍しい切手と比べると買い取ってもらう額は下がります。


珍しい切手があれば買取に出しましょう。

実は貴重な珍しい切手だったなんてこともあるかもしれませんよ。


多くの切手買い取り業者では通称プレミア切手という切手も買い取っています。

プレミア切手とはどのようなものかというと明治と大正、昭和戦前戦後の時代の切手のことを指しており、「見返り美人」であったり、「月に雁」というものであったりが著名です。

めったにないものなので、たとえシートでなくバラだったとしても高値が付く確率が高いです。


旧価格である切手を新しい価格の切手に換えてもらう時にはそれらの差額に加えて、手数料として別にお金を払わなくてはなりません。


1枚当たり、5円の手数料が10円以上の珍しい切手では必要で、切手が10円未満だった場合は、二枚の合計の半分の値段が手数料となります。

新しく買う方が得だということもあり、状況により、買い取りを行っている業者に、売った方がいいという場合もあるでしょう。


お年玉付き年賀はがきの末等が当たり、使うことがなく、貯まっていくばかりでした。


私のケース、懸賞などにはがきを使うことはあっても、切手を使う用件はないので、切手を使うことはないと気づきました。


金券ショップなら切手も買い取ってくれると知り、貯めておいた切手を休みの日に持っていきました。


簡単な書類を読まされ、運転免許証を調べられましたが、貯まっていた切手でお小遣い稼ぎができたのでこれからも金券ショップを利用しようと思いました。