日本では夏には外と部屋の気温の間の気温差が大きく開く・・

太陽の日が強い夏という季節には屋外と部屋の中の温度の間の気温差が大きく開く、その温度差の影響で体の調子がどうも駄目になることがあります。


私達の身体は体を制御し、守ってくれる自律神経の働きが正常ではないと、そのために美容にとっても悪影響を与えてしまいます。


美容と健康を考えたら悪い影響をないようにするために、ひどく気温の低い家の中では暖かい服装にして体温調節をして、寒さを感じないように気を付けたいものです。


なんでも美容を考えたらとうぜん冷えから身体を守るためには迅速な処置がとても大事です。


大事な頭の毛はどう乾かすかによって髪の毛に与えるダメージを減らす事ができます。


ドライバーの熱を当てて乾かすのが大半だと思いますが温風だけを使うよりも、温風と冷風を交互に使うと頭の毛が熱によって傷んでしまうのを減らす事ができます。


さらにドライヤーと髪の間に10センチ以上の距離を保つようにすると風を全体に当てることができてスピーディーに乾燥させられます。


乾かす順番はまずは前髪にドライヤーを当て、その後は頭のてっぺん⇒左右の耳周り⇒後ろ髪の順に乾かすのが一番オススメです。


前髪を乾かす事で変なクセを付きにくくすることができます。


体を冷やすことは健全な体を保持するという意味でも良いことではありません。


そしてまた、美容面でもプラスに働きかけることはありません。


ですので、口に入れるものについては、できる限り身体への負荷が少ない食べ物を選択するのが良いです。


寒くなると身体を温めたいと自然にあったかい食べ物を好んで口にするようになりますが、夏場は自然と冷えた食べ物のほうがのどを通りやすいので、自然と食事内容も冷たい選びがちになってしまいます。


ですので、特に気温の高いときこそ意識的に身体を温めてくれる食事内容に変えていくことが大切です。


例えばそうめんを作るなら冷えたそうめんでなく、なんでもいいので家にある野菜やお肉を使い暖かいチャンプルーにするとか、あるいはにゅう麺にする、また、手軽に摂取できるタンパク質でもあり手軽にできるお豆腐も定番の冷奴ではなくて湯豆腐や温奴、全く別の路線で麻婆豆腐にしてしまう、といった工夫をし食べるようにするんです。


冷えた食べ物というのは、正直調理の手間がかからないものが多いですし、お肉とか野菜なんかをバランスよく摂りづらいです。


しかし、温かいメニューに変えるだけでバランスの取れた食事になり、なおかつ体温を下げることもありません。


いつもの方法を少しばかり工夫するとあったかいものでも美味しく食べることができますよ。


コラーゲンというのは分子が大きな物質なんです。


私たちのお肌は「バリア機能」があって、巨大な分子を通すことは構造上不可能なのです。


となると、当然分子の大きなコラーゲンはお肌の中にまで入ることができないのです。


その結果、スキンケアアイテムを利用しコラーゲンを表面から皮膚内部に入れ込もうとしても100%通り抜けることができないので皮膚の内側に存在するコラーゲンが増えることはありません。


スキンケア用品なんかに配合されているコラーゲンは、基本的にお肌の表面のの水分量を維持するというような働きを目的に含まれているのです。


表面的に水分が減ると、いろんなトラブルを生じてしまう元になってしまいます。


化粧品の類に配合されているコラーゲンは、水分がお肌から逃げ出さないようにしっかりと保護してくれているのです。


便秘になってしまうと、お腹以外にも、疲労、食欲不振、吐き気などの症状を引き起こしますから心もなんとなく晴れずにモヤモヤしてしまいます。


暗い気持ちのままだと、やはり日常生活にも不都合な部分が出てしまいます。


デトックスの効果を出す、といった意味でも出来る限り便秘になるのは避けたいですね。


腹筋、ストレッチなどで腸を動かすことで腸の動きをスムーズにしたり、野菜を食べたり水分を摂るなど食事から見直すパターン、整腸剤、もしくは便秘薬といったものを服用するなど便秘を予防する具体策は色々ありますが、このなかでもっともお勧めしたいのは、腹筋、もしくはストレッチのような運動と水分を摂る、野菜を食べる、のような食事の見直しなんです。


いつも薬だけを飲むだけでなく、できたらいつもの食べるものや生活習慣の中から排便をスムーズにしてくれる方法を見つけて行きたいものです。


神ファンデこと薬用クリアエステヴェール