父との思い出が詰まり、離れて暮らす今も私と父を繋いでくれる野球が大好きです

幼い頃から、父の影響で野球が大好きでした。


休みの日には、高校野球やプロ野球を観に連れて行ってもらいました。


学生時代に野球をやっていた父は野球にとても詳しく、次にピッチャーが投げる球種を一緒に予想したり、野手の守備位置が変わればその理由を教えてくれました。


父と一緒に野球を観ることが大好きでした。


また、中学生からソフトボール部に入部した私は、父とのキャッチボールも大好きな時間でした。


私よりも嬉しそうにカーブやチェンジアップなどを投げ、私が獲れない姿を見て満足そうな父。


そんな父が可愛くも思えていました。


今は離れて暮らしていますが、野球という共通の趣味があるため、毎日のようにプロ野球の試合結果などの話題でメールをしています。


また、自分がソフトボールをやっていたこともあり、球場の雰囲気が大好きです。


プレーしている選手を見ていると、私もチームメイトとの沢山の思い出が蘇ってきます。


スポーツとは筋書きのないドラマ。


時には奇跡的なシーンを目の当たりにし、時には残酷な結果になってしまう事もあります。


その全てが私を感動させてくれ、明日への活力を与えてくれます。


父との思い出が詰まり、離れて暮らす今も私と父を繋いでくれる野球が大好きです。