知っておくと得かもしれないリフォームローン減税

知っておくと得かもしれないリフォームローン減税について説明します。


リフォームローン減税というものは住宅ローンを利用してリフォームを行う場合に対象になります。


対象となる工事内容についてですが全てのリフォーム工事で対象になるというわけではなくいくつか条件があります。


減税対象となる麹は耐震改修やバリアフリー、省エネ工事などに限られ100万円を超える場合に適用されます。


減税申請する申請者についても要件があり工事完了から6ヶ月以内に本人が居住していなければいけなかったり、年収は3000万円以下で返済期間が10年以上など条件が定められています。


また、減税は自己申告する必要があるため入居した翌年に確定申告をする必要があります。


お気の毒にもリフォームローンに落ちたという方はまずはその原因をきちんと分析する必要があります。


落ちてしまった要因として借入希望金額が高すぎたのかもしれません。


勤続年数が短かったり非正規雇用だったりといった融資できないと判断されてしまうなんらかの問題があったのかもしれません。


仮にマイカーローンの返済中であったり、キャッシングしている額が多いといったカードローンの利用状況も大きな要因となります。


これらを整理することがリフォームローンの審査に受かる近道と言えるでしょう。


周知のとおりリフォームローンの金利相場は市場金利によって変わっていきます。


担保の有無によっても金利が変動し近々では有担保型なら1から2%、無担保型なら2から5%が相場となっています。


金利のタイプは大きく分けると2種類あって変動金利型と固定金利型があります。


変動金利型は市場金利に応じて半年ごとに金利が更新されるローンで固定金利型というものは市場金利の変動に関わらず、金利が一定のローンです。


更に固定金利型には完済まで金利が継続される長期固定金利型とある期間内だけ固定になり満了ごとに長期か変動を選択する固定金利選択型があります。


リフォームローンのシミュレーションというものは大手金融機関のHPで試算フォームが設置されています。


検索窓に「リフォーム シミュレーション」と入力し検索するだけで該当するHPが複数ヒットします。


借入希望額、返済期間などを入力すると毎月の返済額が瞬時に算出されるためローンを組む前のシミュレーションに最適です。


個人情報を登録せず利用できるので安心して利用することができます。


返済額の計算は素人では難しいので積極的に利用することをお勧めします。


リフォームローンを利用するに当たりいくら借りられるかというのは、リフォーム工事をする上で最重要項目といえます。


しかし、リフォームローンというものは住宅ローンと比べて借入限度額はわずか1/10です。


リフォームローンで融資してもらえる最大金額は500万円から1000万円という商品が一般的です。


リフォームローンの金利は2から5%と高く返済期間は最長10年から15年と短いので、借入金額が多いとその分、返済額も膨れ上がってしまうのです。


現実的な返済額をしっかりとシミュレーションすることが大切です。


リフォームローンの一体型とはどのようなものなのか?簡潔に言うと住宅ローンとリフォームローンが一緒になっているローンです。


中古の住宅を購入し、その後リノベーションを計画しているのであれば一体型ローンを視野に入れると良いでしょう。


住宅ローンよりもリフォームローンのほうが金利が高いので一体型にすることでリフォーム分も低金利が借入することが可能です。


但し、注意点としてローンの事前審査でリフォームの見積書が必要になったり、申込の際に工事の請負契約書が必要となる場合があります。


ですから、中古住宅探しと並行しながらリフォーム業者を探して、見積もりを作成してもらうという準備も必要になります。


リフォームローンで受けられる控除は所得税を控除することができます。


申告することによってその年の所得税から限度額はありますが工事費の10%が還付されます。


対象となるリフォーム内容と限度額については条件付きになっています。


省エネや耐震、三世代同居といった場合は25万円、バリアフリーにするための工事は20万円と決まっています。


控除の共用の要件として自分が所有して住むことや所得が3000万円以下という条件があります。


失敗しないリフォームローンの選び方というのは金利だけを重視しないということです。


期間や上限金額も重要な要素ですし、担保、保証人が必要かどうかも大きな要素となります。


また、団体信用生命保険の加入可否や手数料などの諸費用も比較検討したほうが良いでしょう。


建材メーカーの中には自社商品をリフォームで使用する場合、金利0%の無担保ローンを組めるといった商品もあります。


リフォームローンはたくさん種類がありますのでローンに対応しているリフォーム会社に相談するのもオススメです。