今ほど宅配クリーニングが必要とされている時代はない

私たち家族は最近、三回目になる引越しをしました。

引越しの洗濯する作業は毎回面倒ですが、慣れてしまいました。

荷造り、荷ほどき、ほとんど私の役割です。


旦那は毎回家電、家具などの大きい荷物や布団や衣類を掃除や片付けをしてくれます。

ただ、この引越しと宅配クリーニング時は洗濯機の水抜きを忘れたことにより、引越し先の洗面所がびしょびしょになりました。

引越しをする時の簡単なコツとは、新居の間取りをあらかじめ考えて、荷造りを行うということです。

ダンボールなどに荷物や布団や衣類を入れていく時に、これをどの部屋に収納していくのかを考えて、段ボールのどこかに書き記しておくと新居へ着いてからムダな動きを減らすことができます。


そして、手続きに必要なものは計画を立てて行うのが良いです。

先週の土日を使って、引っ越しと宅配クリーニングを終えました。


荷物を搬入して新居に入り、玄関の明かりをつけたとき、「ここに住むんだ」とジーンときました。


その日の夜は、思い切ってちょっとぜいたくをしてピザの宅配、お寿司、そしてお気に入りのワインで引っ越しと宅配クリーニングが無事終わったお祝いをしました。


新居での生活も楽しみいっぱいです。


アパートやマンションといった、賃貸物件から引っ越す場合、立会いという名の部屋のチェックが入ることを知っておきましょう。

部屋を管理する立場の人が部屋に入り、部屋のチェックを隅々まで行います。


立会いを終了させてめでたく退去が叶います。


全てに当てはまるわけではありませんが、電気ガス、水道代など公共料金の清算は当然済んでいなければなりませんし、それに、鍵についてはスペアを含め、全部返すことになっていますので、気を付けましょう。


「引越しと宅配クリーニングソバ」という慣習とは引越しと宅配クリーニングをして来た際にご近所への初めましての挨拶としておすそ分けするものです。

私も一度頂いたことが確かにあります。

細長いソバとかけて、細く長いご縁を今後ともよろしくお願い致します。

という感じの意味合いが含まれているようです。

どれだけ経験があっても、引っ越しと宅配クリーニングの際の準備には苦労します。

初めての引っ越しであれば、さらに辛いと思います。


このような苦労をどのように減らせばいいのかですが、はじめに、時間に余裕を持たせた計画を作りましょう。


そして、あまり考え過ぎずに大まかに計画を実行します。


当然、計画通りに進められるのなら特に問題はありませんが、引っ越しには何かと手続きが煩雑なため、家の中の作業は滞りがちなのです。

立てた計画を大雑把にでも実行しておけば、多少の遅れがあっても気持ちに余裕が持てると思います。


転居に伴う荷物や衣類まとめの際にジャケットケースやグラスなどの割れ物はタオルや洋服等の布で包んで梱包しますいらなくなった雑誌。

新聞紙もいいですが、予想外に量が多くなり、捨てることが大変です。

転居が完了すると、たくさんの空きダンボールが発生しますし、そのうえ紙くずも出ると予想以上にスペースを取ります。


引っ越しの時は元の家や引っ越しと宅配クリーニング先の隣人に対して忘れずに挨拶するのが気持ちよく生活できるポイントです。

実際問題、挨拶を欠かしたために関係が拗れてしまうことも珍しくないからです。


いざという時の隣人トラブルを円満に解消するためにも、隣近所の人には、出来ればしっかりと挨拶をするに越したことはありません。


引越しと宅配クリーニングをプロに頼む場合、布団はどのようにしたらいいんだろう?と考えるかもしれませんが、それはもっと早くに確認することが大切です。


ほとんどの場合、引越し屋は引越し当日、オリジナル布団袋を用意してくれ、汚れることのないよう、引越し先まで持って行ってくれます。


友達が紹介してくれたので、引越しと宅配クリーニングのサカイに見積もりを出させてみました。


とても気持ちの良い営業の人が来てくれて、しっかり相談に応じてくれたのです。

思っていた以上に安価な見積もりだったので、その日のうちに即決しました。

引越しそのものもものすごく丁寧な作業で、たいへん満足しました。