貨幣価値………恐ろしい子!

長年身に付けていない貴金属があれば、売却して臨時収入を得るのもいいと思います。


しかし、同じ品物であっても、どこに売却するかによって売却金額は変わりますから、ネット上のランキングや口コミなどをよく調べて慎重に店を選びましょう。

特に、売りたいものが多い場合、買取総額はかなり変わってきますから、店の選択には注意しましょう。


金には色々な種類があります。


種類を決めているのは主に金の純度です。


純度は「○K」という形で表され、最大は24K(純金)です。


銀や銅など他の金属との合金であるものは、18Kなどと表現します。

「18金」などと言われるのはこれですね。


18Kは24分の18という意味ですから、つまり75パーセントが金です。

銀や銅、パラジウムなどを混ぜるのですが、その比率によって色が違い、銀と銅がほぼ同量ならイエロー、銅が多ければレッド、銀が多ければグリーンなどと変化します。

金を売りたいなら、結果を左右するのは純度というわけです。

最近流行りの金買取ショップでは、本当に多くの種類のアイテムが買取の対象になっています。


金製品を買い取るなどと言われると、豪華な屋敷の金庫に入っている金の延べ棒などを連想する人が多いでしょうが、高級品だけが金買取の対象ではありません。


金歯や金縁の眼鏡などは、お持ちの方も多いでしょう。


形がどうあれ金は金ですから、ごく普通の金縁眼鏡なども金製品として立派に買取の対象になります。


最近、国際価格の高騰に伴って金の買取相場が上昇しているようなので、金買取を利用して小金を得る方もいるでしょう。


金を売ったら、その金額や状況によりますが、確定申告が必要なケースが出てきます。


購入時の価格以上で売れた場合など、売却によって生じた利益は、通常は譲渡所得として総合課税に含まれるのですが、この内50万円までは特別控除、つまり税金を払わなくていい部分になります。


一年間の譲渡所得や他の利益の合計が50万円を上回らなければ、税金はかかりません。


また、年収2000万以下のサラリーマンでその他の所得も20万円以内なら、確定申告も必要ありません。

金製品を売却したいと思っても、一番肝心なお店選びの段階で迷うというのはよく聞く話です。


いくらかでも高い金額にしてくれる店がいいというのは、誰でも同じだと思います。


では、どんな基準で選べばいいのか。

ポイントは、何と言っても、お客さんからの人気でしょう。

多くのお客さんから高く評価されているお店なら、買取に不備がなく、信用が置けるお店であると見ていいでしょう。

初心者の方でも当てにできる指標になりますね。

若い頃やバブルの頃に調子に乗って買い集め、何年も使っていない貴金属製品をずっと死蔵していても一円の得にもなりません。

自分のことかなと思ったあなたには、買取を扱っている店に売りに行くのはどうでしょうか。

中でも金製品は大抵の店で喜んで買取ってくれます。


純金(K24)なら、現在の相場は1グラムあたりおよそ4800円であり、お店の利益が引かれるので、流通相場より安い買取額になりますが、二束三文で買い叩かれるのではないかと思っているなら、その予想を覆す高い金額には十分なることと思います。


金の買取は、古物の取引になるので、多くの店では買取時の身分確認を徹底しています。

店舗で直接買取してもらう場合は勿論として、最近ネットでよくある、郵送後に買取代金を振り込んでもらうような形式でも同様です。


公的な身分証明書、たとえば免許証や保険証などで身分確認を行うことが法律で義務付けられています。

直接店に行かず、郵送で買取を進めるなら、免許証などをコピーして同封することを求められる場合が多いですね。

金買取を利用する時のポイントとして、買取の利用を急ぎすぎるのは考えものです。


皆さんが思っている以上に、僅かな情勢変化により、金は買取額に大きな変動が生じやすいためです。

そこで、ネットなどで金の相場を日々確認しておき、高値になるタイミングを見逃さないことが重要です。


金に優るとも劣らない高級品といえばプラチナですが、プラチナの指輪などを店で見てもらうと、それより価値の劣るホワイトゴールドの品だったという何とも残念なケースがままあると聞きます。

こうなると、残念ながらプラチナと比べて金銭的価値は著しく下がります。


古くはロシア革命の頃、プラチナの供給が激減したため、その代替品としてホワイトゴールドが出回るようになったのです。


合金であるホワイトゴールドは、一般に18金か14金なので、K18WGやK14WGなどとあれば金が半分以上含まれているホワイトゴールドです。


プラチナより価値は劣るとはいえ、れっきとした金の一種なので、金買取を扱っているお店ならどこでも買い取ってもらえるでしょう。


金やプラチナなどの買取ショップでは、トラブルを避けるため、年齢制限を定めているとところが大半でしょう。


したがって、中高生など未成年は買取してもらえないことになります。


ただ、一部では、年齢制限が20歳未満ではなく18際未満の場合もありますが、未成年者単独でお店に行く場合、保護者の同意書が必要になります。

さらに、保護者が同意していたとしても、職業を確認され、高校生なら買取は不可というのが一般的です。