白熱のロンドンダービー

1月21日、プレミアリーグ第24節チェルシー対アーセナルが行われた。


ロンドンに本拠地を置く両チームの対戦は、ビッグロンドンダービーとして長くファンに愛され続けている。


先制したのはホームのチェルシー。


エイブラハムの突破をダビドルイスに止められ獲得したPKをジョルジーニョが決めた。


なお、このプレーで決定機阻止とみなされたダビドルイスは退場処分をくらった。


前半を1対0で折り返した後半18分、数的不利のアーセナルがカウンターから同点に追いつく。


しかし後半39分、ハドソンオドイのクロスをキャプテンのアスピリクエタが決めて勝ち越し。


このまま試合が終了すると思われた後半42分、アーセナルのキャプテン、ベジェリンが左足一閃。


1人少ないアーセナルが土壇場で追いつき2対2の同点で試合を終えた。