『右脳』を鍛えて、速読で成績をどんどん伸ばそう

速読というキーワードで検索をすると、必ずと言っていいほど目にする言葉の一つに「右脳」があります。

速読法の名前としても「右脳型速読」とか、対義的に「左脳型速読」といったものが見かけられます。

どちらの種類がいいとか悪いということは全くなくて、それぞれに活かせる特徴があります。


速読と右脳との関係ー右脳を刺激することにより、広範囲を一度にまとめて見ることで、文字の検索能力が速くなります。

また眼精疲労や視力低下を引き伸ばし、短期的記憶力を引き伸ばすことに役立ちます。


2018年10月23日よりGooglePlay・App Passにて配信いたします。

読書スピード5倍!右脳活性化!!株式会社シルバースタージャパン(本社:岐阜県岐阜市、代表取締役:山本成辰)は、GooglePlayおよびソフトバンクのアプリ取り放題サービスApp Pass(アップパス)にて「速読マスター」を2018年10月23日に配信しましたことをお知らせいたします。

 
速読のコツや役立つ知識・情報を集めるだけではなく、速読トレーニングが無料のツールで速読力の基礎能力を高める「周辺視野拡大」「文字認識速度アップ」「認識文字数拡大」などを提供しています。


ソクノー速読のトレーニングでは右脳と左脳をバランスよく使った速読を行います。

右脳がもつイメージ認識力と左脳がもつ言語認識力を速脳トレーニングで高速化していきます。

そうすることで右脳のイメージ力で視て、左脳で言語処理していくことができるようになります。