病気

病気が体臭の原因になっていることがあると聞いたことはあるでしょうか?
体臭に関係がある病気は様々ですが、糖尿病もその一つです。


糖尿病の患者の体臭は独特な匂いをしていますので、病気の早期発見にも繋がります。


糖尿病の場合は、糖の代謝が上手くいかないことに関係があります。


糖の代わりに脂肪を使って代謝を行うのですが、このときにケトン体という物質を生み出します。


このケトン体が匂いの元で、多くの人は甘酸っぱい印象を受けます。


通称この甘酸っぱい匂いは、ケトン臭と呼ばれます。


過激なダイエットによっても発生することがあるので、急激な食事制限は禁物です。


病気を自覚していない人でも、甘酸っぱい香りが体から漂ってくるようになったら速やかに病院にかかるようにしたほうがいいでしょう。


糖尿病は自覚症状が無いままに病気が進行している場合もあるので、要注意ですよ。


体臭との関係を軽く考えず、サインを見逃さないようにしたいですね。