調停とは?裁判離婚とは?浮気・離婚の問題解決

大事な離婚契約を確認する離婚協議書は、万一に備えるものとして、しっかり作成しておきたいものです。

自分で離婚協議書を作成しても構いませんが、協議離婚契約に詳しい専門行政書士に作成を依頼することもできます。

安心して依頼できる行政書士を見つけたら、自分で希望する離婚契約の内容などを正確に伝えるようにします。


  
インターネットで検索すると,「離婚専門」を謳う,行政書士事務所がたくさん出てきます。

離婚問題も扱うという,司法書士事務所も,いくつか出てきます。

離婚問題について,どの専門家に相談すればよいのか,わからない方がおられる。


離婚の問題、一体だれに相談したら良いのでしょう?信頼できる友人や両親に相談する事もあるでしょうし、離婚を考えている相手に相談をすべき時もあるでしょう。

こちらでは離婚を法律的に解決する事に焦点を絞り、弁護士または行政書士のどちらに相談すべきかをご案内いたします。


行政書士は、離婚を例に言うと 既に夫婦が争っている離婚には介入することができない 行政書士は、訴訟行為を行うことができない 行政書士は、離婚調停の代理人となることができない ことから、離婚調停の相談に対応することはできない、と私は考えます。


【弁護士ドットコム】調停二回目が終わり、裁判官の指示で終わらせようとしたところ、そんな簡単に不成立になるのかと主人がキレて、来月も調停があります。

裁判官の方は自分だけ浮気して、勝手に出て言ってあなたの主張だけ通る事はないと言ってくれました。

離婚する気はありません。

その時に証拠のお話を裁判官の方したところ証拠になるとの事でした。